1. ホームへ
  2. ホームへ
  3. トピックス
  4. 制震設計(制震デバイス)の設計折込を始めました。

制震設計(制震デバイス)の設計折込を始めました。

制震デバイスのメーカー各社の協力をいただき、制震設計(制震デバイス)の設計折込を始めました。
工法・プランなどによって適切な制震デバイスを選定し、許容応力度計算による一次設計と、動的解析による制震効果の算定を行います。
制震デバイスの、取り付け方法や納まりなど、設計から施工まで、サポートいたします。主な制震デバイスは次の通りです。

仕口タイプ
柱と横架材の仕口部分に「方杖式」にとりつけます。
開口が有るところにも取り付けが可能です。
(参考例) http://www.fukuvi.co.jp/product/result.php?st=category&c1=1&c2=1
http://www.ss-damper.biz/
筋交タイプ
筋交と同様の形に取り付けます。
筋交の効果(壁倍率)を兼ね備えた製品もあります。
(参考例) http://www.tatsumi-web.com/new-site/gota.html
http://www.tokai.co.jp/trc-damper-wh/
構面タイプ
上下の横架材(土台上と梁下)に取り付けます。
柱頭柱脚や梁仕口の金物との干渉がありません。
(参考例) http://www.takayama-kk.co.jp/works/body/genshin.html
http://www.qt-ken.jp/

トピックス